注文住宅を横浜で購入するためのサイト

注文住宅を横浜で購入したい人のためのサイトです

横浜で注文住宅を購入する際の注意点

横浜は玉石混在の注文住宅の激戦区です。購入する場合はいくつかの点に注意が必要です。 従来の住宅と共に、輸入住宅や最新の住宅も販売されているので、本物の住宅を見分けるのは難しくなっています。本来の住宅が持っていなければならない、オーソドックスな姿をつかんでおくことが大切です。比較の基準となる住宅は、地元の工務店がつくる、木造軸組み工法の住宅です。木造軸組み工法は、柱と梁、桁により本体がつくられる工法です。従来から日本の伝統的な家の建て方として継承されてきた工法です。新しい工法は木造軸組み工法と比較することで、メリットとデメリットを知ることができます。内外装に関しては、屋根の仕上げが最も大切です。屋根のスタンダードな仕上げは、本瓦葺きです。防火性と耐久性に優れる材料として、日本の家屋に使われてきました。

工法の比較でわかる、新しい住宅の特徴

横浜で注文住宅をつくる場合は、木造軸組み工法との比較によりメリットとデメリットを知ることが大切です。2×4工法は柱を用いないで、合板でつくられたパネルにより荷重を支える工法です。メリットは地震に強いことで、デメリットは耐久性が劣ることです。特に、湿気の多い日本の気候では、長持ちしない場合があるので注意が必要です。軽量鉄骨工法は、プレハブの工場生産される工法です。均質の構造が大量生産される工法として、プレハブメーカーにより用いられています。鉄骨の耐久性が、建物全体の耐久性と関わってきます。増改築が簡単ではないので、注意が必要です。輸入住宅はほとんどが、2×4工法と同じ、パネル工法です。部材の太さが日本のものよりも、太くなっている場合があります。メリットやデメリットも、2×4工法と同じことが言えます。

内外装の仕上げでわかる、住宅の品質

横浜で注文住宅を購入する場合、内外装の仕上げを注意する必要があります。工務店がつくる標準的な住宅では、本瓦葺きが標準です。大手住宅メーカーや不動産会社がつくる住宅の屋根が、本瓦葺きよりも上質な材料かどうかで、その住宅のおおよその品質がわかります。大手住宅メーカーや不動産会社がつくる住宅の屋根のほとんどは、アスファルトシングルやカラーベストなどの耐久性の低い材料なので、注意が必要です。内装材のチェックポイントは、自然素材を使っているかどうかです。工務店の多くは、内装材に自然素材を用います。無垢のフローリングや、漆喰と珪藻土による塗り壁などが良く使われる材料です。良心的な工務店では、断熱材にまで、自然素材のセルロースを用います。横浜の注文住宅で使われる内装材は、ビニルクロスなどの工業製品が多用されていないかを、注意する必要があります。