注文住宅を横浜で購入するためのサイト

注文住宅を横浜で購入したい人のためのサイトです

注文住宅で横浜に住むには費用はどれくらい

注文住宅で横浜に住むのは、難しいことではありません。地域や建物の依頼先によって異なる費用を正確に知ることにより、住まいを得ることが可能となります。住宅の価格は依頼先や工法によって、大きく異なります。工法や材料が価格に与える影響を適切に評価することで、希望する住宅を建てることができます。住宅の価格を、坪単価で表す方法があります。他社との比較をする時、建坪に関係なく比較できるので、便利な方法です。大手の会社が販売する低価格住宅は、40万円/坪が標準的な価格です。低価格住宅はオプションや仕様により幅を持たせているので、要望によっては価格が変動します。工務店では、60万円/坪の価格帯で多くの住宅が建てられています。工務店が採用している工法でも木造在来工法と2×4工法では価格が異なり、2×4工法が安く提供されるのが一般的です。大手ハウスメーカーでグレードの高いものは、80万円/坪が多く見られます。

低価格住宅の安さの秘密と工務店の比較

横浜で注文住宅を依頼する場合、低価格住宅が一つの選択肢となります。低価格住宅は主に大手の会社によって提供されています。価格が安い理由は、大量な仕入れと工場生産、職人との長期契約による人件費の削減などが組み合わされて、コスト削減が実現されていることです。低価格住宅と工務店が提供する住宅を比較した場合、表面的な違いはほとんどありません。デザインセンスの面では、低価格住宅の方が優れている場合もあります。工務店は設計が自由なのに対して、低価格住宅は標準設計しか利用できません。耐震性は、2×4工法で提供される低価格住宅が最も優れています。工務店の住宅でも、直下率を高めるなどの工夫がされていれば、十分な安全性を確保できます。工務店の住宅が低価格住宅よりも優れている点は、耐久性とメンテナンス性です。どちらも、時間の経過と共に違いがはっきりしてきます。

大手ハウスメーカーが手がける高品質な住宅

横浜で注文住宅を建てる場合、大手ハウスメーカーに依頼することも考えられます。大手ハウスメーカーは比較的低価格の住宅も提供していますが、主力は高品質な住宅です。大手ハウスメーカーが提供する住宅は、目に見える表面的な部分にお金をかけています。初期の耐震性や耐火性などの基本的な性能も、高い水準を維持しています。大手ハウスメーカーのつくる高品質な住宅と同じものを、地元の工務店がつくった場合は、工事費は安くなります。大手ハウスメーカーは下請け体制により工事を施工する場合がほとんどなので、費用の面で割高になります。しかし、大手ハウスメーカーは、顧客が求めているものを的確に提供するマーケティング力に優れているので、顧客からは頼もしく見えます。地元工務店の利点は工法や仕様を自由に選べることです。木造軸組み工法による瓦葺の家は、工務店が提供する伝統的な住宅です。派手さは無いものの、長期間の使用に耐える耐久性があります。