注文住宅を横浜で購入するためのサイト

注文住宅を横浜で購入したい人のためのサイトです

注文住宅を購入 横浜の相場を紹介します

注文住宅を横浜で購入する場合は一定の相場が存在します。横浜の新築住宅全体の坪単価の相場は、50万円台の半ばです。この価格帯は工務店がつくる住宅の坪単価と相似しています。請け負う戸数も工務店が最も多いため、工務店が住宅の価格を主導していると言えます。50万円台半ばの価格は相場の価格に過ぎません。住宅は、低価格のものから高級なものまで様々です。低価格の住宅と高級な住宅の差を知ることで、求めたい住宅がわかってきます。住宅は、坪単価30万円台後半から建築が可能です。大手ハウスメーカーは独自の工法や仕様を用意して差別化を図っています。そのため、標準的な住宅のかたちは、工務店が提供する住宅に求めるのが自然です。工務店がつくる標準的な住宅と他の業者の住宅を比較することで、住宅のグレードが理解できます。

工務店の仕様と相場から見る住宅の適正価格

工務店は比較的シンプルな組織なので、注文住宅の適正価格を知るのに便利な存在です。材料費に工賃、会社の利益の三つが価格を設定する条件なので、他の組織の住宅価格よりも理解が簡単です。工務店は工法も標準化しています。木造軸組み工法を主とし、低価格にするときは、2×4工法を用います。耐震化は筋違いの設置を基本に、床の剛性の向上が標準化しています。屋根は本瓦葺きが基本で、設備は標準的なものが採用されています。工務店がつくる住宅の相場は、住宅全体の相場とほぼ同じです。しかし、大手ハウスメーカーや低価格住宅を提供するメーカーのつくる住宅は工務店のものとは異なります。価格が同じでも異なったものができるところに、住宅を供給する側の都合が見えています。消費者はその都合を見抜くことで、自分に有利な住宅を見つけることができます。

低価格住宅とハウスメーカーの価格設定

横浜での低価格住宅の仕組みと、高級な仕様のハウスメーカーの注文住宅の価格設定は、工務店がつくる標準的な住宅と比較することで理解できます。低価格住宅の仕様で工務店の標準的と異なるのは、主に構造です。低価格住宅は2×4工法が主流なのに対して、工務店は木造軸組み工法が主流です。低価格住宅の仕上げ材はビニルクロスが中心なのに対して、工務店の住宅では、自然素材が使われています。材料の調達コストや生産性の違いはあるにしても、構造と材料の違いにより、坪単価に10万円ほどの開きが出ています。大手ハウスメーカーでは、構造は2×4工法か、軽量鉄骨プレハブ工法が主流です。仕上げ材は一般に高級品が使われますが、無垢材ではありません。屋根は瓦葺以外の普及品が使われ、コストが抑えられています。設備機器は高級品使われて、工務店との違いを見せています。構造と仕様での価格を比べると、大手ハウスメーカーと工務店には、さほどの差はありません。坪単価が10万円以上高くなるのは、重層的な下請けへの発注体制と過剰な営業人員の配置が関係しています。