トップ > 絵本の作成の豆知識 > 様々な年代に愛される絵本の作成に関して

様々な年代に愛される絵本の作成に関して

子どもの成育に必要不可欠なのが、イマジネーションだと言われています。
優しさや逞しさを身に付けることで、生きて行く強さが備わると言われています。
そして、子どもの成育で重要な役割を果たすのが絵本だと言われています。
出版不況が続いている日本ですが、絵本の売り上げは伸びています。
親御さんが思わず手に取りたくなるような絵本を作成することが、作家の役目ではないでしょうか。
国内には多くの絵本作家が活動していますが、売れっ子作家になれば印税が数千万円になります。
簡単な道ではありませんが、努力をすることで夢が叶えられます。
文章や絵の上手い下手は関係なく、気持ちを届けることが大切だと言えます。
身近なところにヒントが詰まっていますし、アンテナを張って生活することでアイデアが出るのではないでしょうか。


最近は、大人向けの絵本が多く発売されています。
社会に出ると色々なストレスがかかりますし、メンタルが弱ってしまうことがあります。
明日への生きる希望が沸いて来る絵本が求められていて、売り上げを伸ばす要因と言われています。
また、それは作り手にも当てはまるのではないでしょうか。
プロの作家である必要はなく、副業として絵本を作成している方も大勢います。
誰でも簡単に自費出版が出来る時代ですし、記念に作ってみるのも面白いはずです。
売れる本が素晴らしいという訳ではなく、作り手の思いが込められているのが一番です。
最も簡単に書く方法としては、自身の体験をそのまま描くことではないでしょうか。
両親や祖父母との思い出でも構いませんし、失敗談や不思議に感じたことでもOKです。
発想力が鍵だと言えます。


絵本を作成するにあたっては、構想に十分な時間をかけることです。
物語には起承転結がありますが、ハッピーエンドに向けて段階を踏むことが大切です。
大学や専門スクールで学ぶのも良いですし、プロの絵本作家に従事するのも効果的です。
短期間で上手くなろうとせずに、時間をかけて技術とパターンを学んで行くべきです。
飛び出す絵本やにおいが出る絵本もありますし、ありとあらゆる可能性を考えておくべきです。
また、コンテストに参加をするのも力を付けるきっかけになります。
入賞を果たすことで、プロの絵本作家になる道が開けます。
誰もが最初は素人ですし、登竜門から始めて行くという方法もアリです。
ネットワークを築くことが出来ますし、互いの作品を見ることで課題とヒントが見付かります。
得るものは多くあります。

次の記事へ